院内トリアージ実施料点数改定について


 新型コロナウイルス感染症の症状は様々で、発熱・咳嗽・鼻汁・のどの痛み・倦怠感・嘔吐・下痢などがあっても、見た目だけでは新型コロナウイルスと鑑別することができません。

 当院では、新型コロナウイルス感染症に限らず、このような感染性の病気が強く疑われる場合は、可能な限り動線分離(待合、診察の場所の分離)を行っております。

 この場合、「院内トリアージ実施料 300点」をご負担頂いておりますが、令和3年9月28日より550点に改定されました。

 動線分離(待合、診察の場所の分離)は受診された患者さんや当院職員の感染予防のため、必要な対策です。ご不便をおかけしますが、皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

 なお、「医療費受給者証」をお持ちの方は、ご負担はございません。