手・足・口・病

 軽症ですが、時に重症な場合もあります。

 熱があるときは安静にしましょう!!

 乳幼児によくみられる手・足・口病は、エンテロウイルスやコクサッキーウイルスによるウイルス性発疹症です。夏に流行することが多いのですが、冬にもみられます。口の中、手のひら、足の裏、膝、臀部などに米粒くらいの小さな水疱(水ぶくれ)ができます。


◆ どんな症状なの?

 水疱はかゆみや痛みを生ずることは少なく、1週間くらいで消えます。口の中の粘膜疹が強いと食欲が落ちますが、脱水症状をおこすようなことはあまりありません。発熱もみられることがありますが、軽微で1〜2日くらいで解熱します。

 一般に、不顕性感染(感染しても症状がでないこと)も多く、症状も軽いのですが、まれに、髄膜炎、脳炎、肺水腫、心筋炎などの重症な合併症がみられることがあります。発熱が長びいたり、だんだん元気がなくなっていくような時は要注意です。


◆ 保育園に行ってもいいの?

 ところで、手・足・口病の原因となるウイルスは、体内から排泄される期間が長いことが特徴です。咽頭からは1〜2週間、便からは、3〜5週間ウイルスが排泄されます。従って、この期間は他の人へ感染させる可能性があるわけです。そこでいつも問題になるのは、この期間の登園(校)についてです。

 本症は発症後のウイルス排泄期間が長いため、実質的に登園(校)停止で感染を予防することは困難です。全体的にみて、不顕性感染も多く、症状も軽いため特別扱いしないのが普通です。

 結論として、発疹のでている乳幼児でも、他の子への感染のみを理由にして、登園(校)停止する積極的な意味はないと考えられています。つまり、本人の調子が良ければ、登園(校)してよろしいというのが現在の主流な考え方です。

 ただし、前述したように本症には重篤な合併症も見られることから、1週間くらいは一般状態をよくみることが大切です。(エンテロウイルスには種類がたくさんあり、エンテロウイルス71型は、時々重症化することがあり要注意です。)

★ 熱があったり、食べられない時は?

 登園(校)についての基準は特に定まったものはありませんが、集団での主な感染経路は、咽頭でのウイルス増殖期間中の飛沫感染です。
 つまり、発熱や、咽頭・口腔の水疱、潰瘍を伴う急性期は感染力が強く、また、この時期は食欲が低下し、脱水症状が見られたりして調子が悪いのですから、お休みした方がよいと思います。