新型コロナウイルスの感染予防 および 拡散防止にご協力下さい

1.新型コロナウイルス感染症について

・日本小児科学会 新型コロナウイルス関連情報
・岩手県のホームページ

2.医療機関を受診する前に

@.受診される方が、濃厚接触者(※)である場合。
  濃厚接触者(※)とは、新型コロナウイルス感染症の患者と同居、あるいは接触(車内、航空機内等を含む)があった方です。

A.息苦しさ、強いだるさ、高熱等の強い症状がある場合。

 上記に該当される方は、医療機関を受診する前に、最寄の保健所に電話をかけて、その指示に従って下さい。直接、医療機関を受診しないようにして下さい。

 連絡・相談窓口
・盛岡保健所 保健予防課 019-603-8308(平日午前9時〜午後5時)
 夜間・休日は盛岡市役所代表電話 019-651-4111「感染症担当」
・地域の保健所
・岩手県全域:岩手県庁 医療政策室 019-651-3175(24時間対応)

 新型コロナウイルスに感染しても、最初は普通のカゼと区別がつきません。また、普通のカゼでも、息苦しさ、強いだるさ、高熱等は見られます。何らかの理由で新型コロナウイルス感染症が心配な場合は、まず、連絡・相談窓口に電話で相談して下さい。その上で、普通のカゼと思われるようでしたら、一般小児科への受診でよろしいと思います。

3.院内の感染対策と、受診される方へのお願い

☆ 医療機関向け空気清浄脱臭装置
 脱臭フィルターによる消臭・脱臭作用。紫外線を用いた細菌、ウイルス、カビなどの除菌滅菌作用。

☆ ウイルスバリアノヴァ
 3種類の金属イオン(Ag:銀、Ti:チタン、Zn:亜鉛)による消臭・脱臭作用。細菌、ウイルス、カビなどの除菌滅菌作用。

☆ 全熱交換器による換気
 全熱交換とは、待合室に常に新鮮な空気を提供できるよう、「室内の汚れた空気を排出し、新鮮な外気をほどよく加熱して、室内に取り入れる仕組み」です。ちょうど待合室全体が呼吸をしているようなものですから、空気はいつも新鮮です。1時間に約10回、待合室の空気が入れ替わります。

☆ 手指消毒液
 手に優しい塩素系消毒液を使用しています。アルコールが無効なノロウイルスにも効果があります。

☆ 接触感染対策テープ
 自然素材漆喰をコーティングした抗菌・抗ウイルス作用のあるシートです。入り口の取っ手などに使用しています。

 以上のような院内感染対策を行っておりますが、一診療所でできる感染対策には限界があります。集団感染を招きやすい密閉、密集、密接の三つの「密」を避けるため、院内待機人数を制限しますのでご協力下さい。ご自身のためにも、みんなのためにも次のことを厳守して下さい。

お子様お一人につき、お付き添いの方はお一人にして下さい。
・待合室長イスの赤い×印のところには坐らず、間隔を空けてお坐り下さい。
・マスクのできない小さなお子様は、院内では常に保護者と向かい合う抱っこの形でお待ち下さい。
・予約サイトで混雑状況を確認出来ますので、空いている時間帯に予約して受診するようにして下さい。

4.新型コロナウイルスに負けない身体を作りましょう。

 新型コロナウイルスの感染は、世界中で拡大をしており、もはや封じ込めは困難な状況です。今後は、新型コロナウイルスを受け入れるしかないと思います。季節性のインフルエンザのように定期的な流行を繰り返すのか?不定期に流行が見られるのか?全く予測困難です。

 患者数の急激な増加は社会崩壊や、医療崩壊を引き起こします。それを避けるように、できるだけ、ゆっくりと受け入れる必要があります。その間に、ワクチンや治療薬が開発されることを待つしかありません。

 今、私達に出来ることは感染予防をすることと、同時に、感染してもそれに負けない身体を作ることです。基本は、「早寝、早起き、適度の運動、十分な睡眠」です。密閉、密集、密接の三つの「密」を極力避けて、健康を維持して下さい。