サーバリックス と ガーダシル

★ 現在、接種を見合わせております。再開次第、お知らせします。 ★


 がんは、ワクチンで予防できる時代へ

 近年、世界的に「子宮頸がんは予防できるがん」という認識が定着してきました。なぜなら、子宮頸がんの発症にはヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が大きく関わっていることが判明し、発生機序が解明されてきたためです。

 1983年にドイツのHarald zur Hausen(ハラルド・ツア・ハウゼン)名誉教授が、子宮頸がんの患者からHPVの2つの型を発見したことがきっかけでした。ウイルス感染が原因なら、そのウイルスに対する免疫をつければよいと言うことから、HPVワクチンが開発されました。

 予防ワクチンは性行動のあるどの年令でも接種の意義がありますが、もっとも効果的な接種時期として、性交渉前のHPVに感染していない時期にあたる10代前半の女子を対象とした接種が勧められています。そのため、海外では産婦人科医のみならず、この年代を診察する小児科医や内科医も接種を行っています。

 海外ではすでに100カ国以上で使用されています。日本では、平成21年12月22日より接種することができるようになり、平成23年4月1日より、全額公費負担で接種できることになりました。さらに、平成25年4月1日より定期接種に組み込まれ、重要なワクチンと位置づけされています。3回のワクチン接種で、発がん性HPVの感染から長期にわたって体を守ることが可能です。
 
 しかし、このワクチンは、すでに感染しているHPVを排除したり、子宮頸部の前がん病変やがん細胞を治す効果はなく、あくまでHPV感染を予防するものです。

※子宮頸がん啓発のための学術情報冊子「HPV Insights」より、引用(一部改変)


 子宮頸がん とは?

・子宮頸がんは、子宮頸部(子宮の入り口)にできるがんです。子宮頸がんは、初期の段階では自覚症状がほとんどないため、しばしば発見が遅れてしまいます。がんが進行すると不正出血性交時の出血が見られるようになります。

・子宮頸がんは、女性特有のがんの中では乳がんに次いで多く、特に、妊娠、出産年代の20代〜30代の女性に多く見られます。

・日本では、毎年約15.000人の女性が発生し、約3.500人が死亡しています。

・がんが進行すると、子宮をすべて摘出する手術が必要になることもあり、妊娠、出産の可能性を失い、女性にとって心身ともに大きな負担となります。また、まわりの臓器にがんがひろがっている場合には、子宮だけではなく、そのまわりの卵巣やリンパ節などまわりの臓器もいっしょに摘出しなければならなくなり、いろいろな後遺症を残したり、命にかかわることもあります。

・大変な病気ですが、現在では、子宮頸部がんの原因が解明されて、予防することができるようになりました。


 子宮頸がんの原因はウイルス

 子宮頸がんと、発がん性ヒトパピローマウイルス(HPV)

・子宮頸がんは、発がん性ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が原因で引き起こされる病気です。

・発がん性HPVは、皮膚と皮膚(粘膜)の接触によって感染します。多くの場合、性交渉によって感染すると考えられています。特別な人が感染するのではなく、女性の約80%が一生のうちに一度は感染するごくありふれたウイルスです。AIDSや性病のような性感染症とは全く別な病気です。

・若い女性ほど発がん性HPV感染率が高い傾向にあり、15〜19才の日本人女性の約30%が発がん性HPVに感染しています。

・発がん性HPVは、感染しても多くの場合、一時的で、90%は自然に排除されますが、10%は感染が持続します。持続感染者の1%は数年〜十数年後に子宮頚がんを発症することがあります。

・発がん性HPVには、15種類ほどのタイプがあり、その中でもHPV16型、18型は子宮頸がんから多く見つかるタイプです。日本人子宮頸がん患者の60%から、この2種類の発がん性HPVが見つかっています。

・HPV感染は、基本的には風邪にかかるのと同じような感染症であり、そのごく一部の人にがんへの変化が生じていくものです。ですから、誰もが感染する可能性があり、誰もが子宮頸がんになりえるということです


 子宮頸がん予防ワクチン

 発がん性HPV16型、18型の感染を防ぐワクチンがあります。

・子宮頸がん予防ワクチンは、全ての発がん性HPVの感染を防ぐものではありませんが、子宮頸がんから多く見つかるHPV16型、18型の二つのタイプの発がん性HPVの感染を防ぐことができます

・子宮頸がん予防ワクチンを接種しても、16型、および、18型以外の発がん性HPVの感染は予防できません。また、すでに発がん性HPVに感染している人に対して、ウイルスを排除したり、発症している子宮頸がんや前がん病変(がんになる前の異常な細胞)の進行を遅れさせたり、治療することはできません。

・上記のように子宮頸がん予防ワクチンの接種時に16型や18型の発がん性HPVに感染している人に対して、十分な効果は期待できませんが、16型と18型の両方に同時に感染している可能性は低く、16型に感染している人でも18型への予防効果が、また、18型に感染している人でも16型への予防効果が期待できます。なお、発がん性HPVに感染している人に対して子宮頸がん予防ワクチンを接種しても症状の悪化などは報告されていません。


 発がん性HPV16型、18型に感染する前に、ワクチンを接種すると効果的です。

・子宮頸がんの発症は20代以降に多いですが、発がん性HPVに感染してから発症まで数年〜十数年かかります。

・従って、発がん性HPVに感染する可能性が低い10代前半に子宮頸がん予防ワクチンを接種することで、子宮頸がんの発症をより効果的に予防できます。

・ただし、ワクチンを接種した後でも、全ての発がん性HPVによる病変を防げるわけではないので、早期発見のために子宮頸がんの検診が必要です。自治体が実施する公的な子宮頸がん検診は、20才以上を対象として2年に1回の受診間隔で実施されますので、10代でワクチン接種しても20才を過ぎたら定期的な子宮頸がん検診を受けましょう。

・なお、10代では公的な検診制度はありませんので、気になることがあればワクチンの接種を受けた医療機関にご相談下さい。


 子宮頸がん予防ワクチンの効果について

・子宮頸がん予防ワクチンの接種対象者は、サーバリックスは10才以上の女性、ガーダシルは9才以上の女性です。

・10〜15才の女児(100例)と20〜25才の女性(1.040例)の二つのグループに子宮頸がん予防ワクチンを接種した調査では、10〜15才の女児のグループの方が高い抗体価(免疫)が得られています。

・子宮頸がん予防ワクチンの効果がいつまで続くかについては、今後の調査を待たねばなりませんが、サーバリックスは最長8.4年間、ガーダシルは平均4年間の抗体持続期間が報告されています。(平成23年9月現在)
 ただし、子宮頸がんの発症を予防するのに必要な抗体の量については現時点では明らかになっておりませんので、将来、子宮頸がん予防ワクチンの追加接種が必要となる可能性もあります。

・子宮頸がんは多くの場合、発がん性HPVの持続的な感染や前がん病変の後に発症すると考えられており、これらを予防することにより、子宮頸がんを予防できると考えられています。
 子宮頸がん予防ワクチンにより、発がん性HPVの感染や前がん病変の発症を予防することが確認されていますが、直接子宮頸がんに対する予防効果については確認されているわけではなく、この点は海外で検討が続けられています。


 二つの子宮頸がん予防ワクチン:サーバリックスガーダシル

 子宮頸がん予防ワクチンは、サーバリックスに加えて、平成23年9月15日より、ガーダシルも公費負担の承認を受けました。接種希望者は、この二つのどちらか一方を選択して3回接種することになります。

 サーバリックスは、初回、1ヶ月後、6ヶ月後の3回接種。ガーダシルは、初回、2ヶ月後、6ヶ月後の3回接種です。なお、3回の接種の途中でサーバリックスからガーダシルへ、または、ガーダシルからサーバリックスへ変更することはできません。

 子宮頸がんや尖圭コンジローマの原因となるHPV(ヒトパピローマウイルス)は100種類以上の型があり、がんの原因となるのはそのうち15種類くらいです。このうち最も原因になりやすいタイプは、16型、18型の2種類です。この2種類で日本人の子宮頸がん患者の6割強を占めています。

 サーバリックスとガーダシルは、ともに子宮頸がん予防ワクチンですが、感染を予防するHPVの型の数が違います。サーバリックスは16型、18型の2種類の感染を予防できます。(2種類のHPVを予防するので2価ワクチンといいます)。ガーダシルは16型、18型に加えて6型、11型の感染も予防できます。(4種類のHPVを予防するので4価ワクチンといいます)

 ただし、6型、11型は子宮頸がんの原因となるタイプではありません。6型、11型は、“尖圭コンジローマ”という病気の原因となるウイルスです。尖圭コンジローマは、性感染症の一種で、自覚症状は乏しいですが、性器や肛門周囲にイボができる病気です。軽症〜重症までありますが、治療しても再発する可能性が高く、時として、長期にわたり、患者さんに負担を与える病気です。
 また、稀な病気ですが、尖圭コンジローマを有する妊婦さんから経産道的に出生した赤ちゃんが、“乳児再発性呼吸器乳頭腫”という病気になることがあります。乳児期に喘鳴を繰り返し、手術が必要になることもあります。
 つまり、サーバリックスとガーダシルは、ともに子宮頸がん予防効果を持ちますが、ガーダシルは、さらに尖圭コンジローマの予防効果もあるということです。 

 となると、ガーダシルの方が優るように思えますが、サーバリックスの18型に対する抗体価はガーダシルより数倍高く、長期間持続します。また、クロスプロテクション効果(16型、18型以外の型でも、類似型にはそれなりに免疫が機能する働き)もサーバリックスの方が高いとされています。
 すなわち、サーバリックスは2価ワクチンですが、クロスプロテクション効果により、16型、18型だけでなく、31型、33型、45型、58型の子宮頸がんにも効果を及ぼすということです。そうなると、サーバリックスの方が子宮頚がんに対しては、より守備範囲が広いということになります。

 ただし、これには異論もあります。サーバリックスとガーダシルでは、抗体価の測定法が違います。また抗体価が高くないといってもガーダシルで18型に起因する子宮頸がんもみられていない事から、抗体価は参考程度とも言われています。さらにクロスプロテクション効果についても経過観察期間が短いため、検討の余地があるとも言われています。

 サーバリックスは最長8.4年間、ガーダシルは平均4年間の抗体持続期間が報告されていますが、両ワクチンともに、今後予防効果が低下すれば、再接種の必要もあると言っています。(平成23年9月現在)

 両ワクチンとも発売されて数年(ガーダシルは2006年発売、サーバリックスは2007年発売)しか経っていません。両ワクチンの真の子宮頸がん予防効果は、十年〜十数年経過しなければわからないことです。

 現在、サーバリックスとガーダシルの二つの子宮頸がん予防ワクチンがありますが、これに次ぐ、三番目の新製品も開発されつつあります。サーバリックスは2価、ガーダシルは4価ですが、新ワクチンは9価(HPVウイルス9種類)の予防効果を持つそうです。まだ開発中で、発売までには4〜5年はかかるそうです。

 このように、医学の進歩はめざましいものがあります。待てば待つほどよいワクチンができるかもしれませんが、完全に子宮頸がんを予防できるワクチンが開発される事はないと思います。

 子宮頸がん予防には、検診も大切です。今できる事はワクチンを接種することですが、ワクチンで予防できない子宮頸がんもあるわけですから、成人になったら必ず検診を受けましょう。子宮頸ガン予防は、「ワクチン」「検診」の二本柱が軸です。

 サーバリックスとガーダシルの優劣はつけがたく、どちらのワクチンでもよい思いますが、違いを簡単にまとめてみましたので、参考にして下さい。

・子宮頸がん予防効果はサーバリックスもガーダシルも同等と、思いますが、ともに将来追加接種が必要になるかもしれません。

・ワクチンだけに頼らず、「検診」を受けることも大事です。

・サーバリックスには、高抗体価クロスプロテクション効果が期待されます。またガーダシルに先駆けて日本で承認されました。

・ガーダシルには、サーバリックスにない“尖圭コンジローマ” の予防効果があります。


 接種スケジュール

接種対象年令と接種回数
・サーバリックスは、10歳以上の女性に3回(初回、1ヶ月後、6ヶ月後)接種します。
・ガーダシルは、9歳以上の女性に3回(初回、2ヶ月後、6ヶ月後)接種します。
※ なお、3回接種途中から他方のワクチンへ変更することはできません。



 接種対象者・接種時期・公費負担年令    

・海外では12才前後から開始されていることが多いです。初交開始年令前 が、望ましいわけですが、日本人女性の初交年令は、年々早まっており、高三女子の60%が初交経験を持っています。この様な状況を考慮して、小学校6年〜高校1年相当の女子(12才〜16才)公費負担年令と定められました。(※ 盛岡市では、中学校1年生での接種を勧めています。)


 安全性  

 サーバリックスとガーダシルを比べると、注射部位の疼痛、発赤、腫脹は、ともに見られますが、サーバリックスの方がやや多いようです。しかし、ワクチン接種を中止するほどの副反応ではありません。

 子宮頸がん予防ワクチンは、上腕三頭筋に筋肉内注射しますので(ガーダシルは、大腿四頭筋も可)、通常のワクチンよりは若干疼痛があります。一部のマスコミで報道された“失神”は、副作用ではなく、【迷走神経反射】です。
 迷走神経は体をリラックスさせる神経で、痛みや不安などから、体を守ってくれます。この迷走神経が強く働きすぎると、脈がゆっくりして、血管が拡張しますので、血圧が低下します。その結果、脳への血流が少なくなり、“失神〜気絶”という状態になります。痛みに過敏な人、神経質な人、によく見られます。接種前から「痛い、痛い」と心配していると起こりますので、あまり緊張しないで接種を受けて下さい。


 検診も大事

・発がん性HPVに感染する危険性は、 性交渉が行われる間は一生存在します。従って子宮頸がん予防ワクチンだけでは予防できない場合もありますので、これまで通り、検診により予防する必要があります。


 リンク

 オレンジクローバー (子宮ガン検診の啓発サイト)

 allwomen.jp (サーバリックスの発売元:グラクソ・スミス・クライン社の情報サイト)

 もっと守ろう.jp (ガーダシルの発売元:MSD社の情報サイト)